2010年4月29日

LPC Super Performance Set(SPM)がすごい件について

ず~っと前に買ったにも関わらず、あんまり使うことがなかったProminyのLPC(30GB以上もあるバカギターシミュレーター)をようやく使いこなすことができるようになってきました。

…と書くと縦横無尽に使いこなしているように見えますが全然そんなレベルじゃなくて、付属のSPM(Super Performance Set)の仕組みと音の鳴らし方・切り替え方・役割がわかっただけです(え?

説明書がぶあつくて読む気がしないまま使ってたのが悪かったのですが、どうやっても和音が出せなかったんです。しかし、ようやく出し方がわかりました。

まさか…サスティンペダルを踏むだけだったとは…(馬鹿

 

…こんなレベルで使いこなせるようになったとか言っちゃってゴメンナサイ…

まぁでもトリニティにビニルテープを貼って鍵盤の上の空きスペースに切り替えスイッチをメモしていったらずいぶん楽に弾けるようになりました。アナログマンセー!!

そんなこんなでできた音をアップしたいところですが、まだ全然できあがってないのでうpできません。完成したらアップします!…多分。

2010年4月 5日

waves V5 + Windows 7 = ストレス

タイトルで言い切っちゃってますが、かなり乱暴な言い方です。あんまり検証もしないまま不確かなことを書くのも良くないと思ったのですが、それこそ検証をしっかりしたら膨大な時間を費やしてしまうので、現時点で言えることをば。

wavesのプラグインはiLok認証なのですが、ウチの環境(Windows 7 64bit + CUBASE 5 32bit)でiLokまわりで相性問題が起きちゃいました。

waves v5と、iLok認証を使うプラグインが同時起動できません。同時起動できた場合でも、CUBASE5のプロジェクトファイルが保存できません

 

例1)

wavesのプラグイン(Q10とか)を使っている時に、PSP Nitroも使うと、Nitroは一見ちゃんと動作するが、プロジェクトファイル保存時に砂時計が出っぱなしになる。(プロジェクトファイルの更新日時が変わらず、プロジェクトファイルが壊れるわけではないのでファイルのセーブ自体が始まってないっぽい)→セーブ前にプラグインの情報を取得しにいく処理で止まってる?

 

例2)

Antares Autotune Evo起動中にwavesのプラグイン(RCompとか)を読み込もうとすると、CUBASEのミキサーウィンドウのVSTプラグインスロットに名前は表示されるがアクティブにならない。

 

例3)

wavesのプラグインだけを使ってる曲なら、どれだけの数を同時に使おうが、プロジェクトファイルもプラグインの設定もちゃんと保存される。

 

例4)

iLok認証を使っているプラグインでも、waves以外ならどんな組み合わせでもちゃんと起動するし、プロジェクトファイルも保存できる。(PSP Nitro + Autotune Evo + Harmony EFXでも大丈夫だった。)

 

Windows 7 + CUBASE 5でも古いwavesのプラグインが普通に動くぜーうっほほーーーいとか言っていましたが、ここにきてこんな不具合に出会うとは…。ヤラレタって感じです。しばらくはボーカル直し+ハモり作りは別プロジェクトファイルを作ってやって、そこで作った声を元のプロジェクトファイルに戻して編集するしかないようですね。

め ん ど い